アミノ酸の種類

アミノ酸は運動の時に摂取するといい成分といわれています。でも、アミノ酸といっても種類が何百種類もあります。その中で、人間にとって必要といわれているアミノ酸は20種類程度です。では、アミノ酸にはどのような種類があるのか、そして運動にはそれぞれのアミノ酸はどう働いてくれるのか、ご紹介します。

 

2つに分けられるアミノ酸

アミノ酸として人間の身体に必要なものは、非必須アミノ酸と必須アミノ酸が2つに分かれています。非必須アミノ酸には、アラニンやグルタミン、アルギニンなどが属しています。必須アミノ酸には、バリンやイソロイシン、リジンが属しています。あまり聞いたことがない成分もあるかもしれませんが、それぞれが人間にとって必要な成分です。

 

その中で、バリン・ロイシン・イソロイシンの3種類をまとめたBCAAが分岐鎖アミノ酸といい、筋肉を増やすために必要な成分です。そのほか、グルタミンとアルギニンも筋肉を形成する上で欠かせません。

 

非必須アミノ酸と必須アミノ酸の違い

非必須アミノ酸と必須アミノ酸がどうして分けられているかというと、体内で合成できるかできないか、といった違いがあるからです。非必須アミノ酸は体内で合成できるものなので、体内で作り出すことができます。しかし必須アミノ酸は体内で合成ができないので、外から体内に取り入れる必要があるでしょう。食品などでもいいですし、サプリメントなどで摂取するのもいいと思います。

 

体内の約20%がアミノ酸といわれています。それほど人間にとって必要な成分ということです。

 

アミノ酸が必要なのは運動だけじゃない?

運動のときにアミノ酸は必要なもの、というイメージがありますが、それ以外にもアミノ酸は様々な用途があります。たとえば、医薬品としてアミノ酸が使われていることもあります。また、病気の人が食べる食事などでも、アミノ酸は使われます。その他、化粧品にもアミノ酸の誘導体が使われることも増えました。様々な役割を果たしてくれるアミノ酸です。

 

必要なアミノ酸の種類を見つけよう

アミノ酸の種類は細かく分かれていますが、それぞれ機能が異なっています。自分にとってどんなアミノ酸が必要かを探してみましょう。特に必須アミノ酸は体内で合成することができないので、不足しないように気を付けなくてはいけません。摂取量が足りないなと思うときには、食品から摂取するのが難しい場合、サプリメントなどを活用してください。